So-net無料ブログ作成
検索選択

ポーラ美術館の印象派コレクション展 [観る]

ただ券もらっていたのに行けてなかった『ポーラ美術館の印象派コレクション展』(美術館「えき」KYOTOにて2006年3月3日~3月26日)観てきましたなかなか良かったです。ルノアールもモネも大好きです。モネの中で特に好きなのが『ラ・ジャポネーズ(La  Japonaise)(日本の衣装のカミーユ)』です。(所蔵館はボストン美術館なので今回は当然展示されていません。)あのジャポニズム精神の塊!(南蛮被れならぬ日本被れ)みたいな絵が好きです。日本人にあんな絵は絶対描けませんよ?センスがね、違います。あそこまで被れているといっそ気持ちいい。

あれ?展覧会の感想・・・。モネと言えば『睡蓮』の連作。今回もきっちりその辺は押さえてます。日本人らしいモネの集め方だなと思いました。『睡蓮』しても『散歩』(今回も展示されてました)にしても日本人のモネの絵のイメージってちょっとぼんやりとした感じで人の表情や細部をあまり描かないイメージなんじゃないかなと。でも上に挙げた『ラ・ジャポネーズ』とか結構はっきりくっきり描いたものもあるんだよね。日本人の趣味ではないのかなぁ???あんまり観ないような気がするんですが?『ラ・ジャポネーズ』はボストン美術館のHPにも掲載されているので是非一度ご覧下さい。モネのイメージが変わると思います。いいですよ?日本被れ具合が

あ・・・またずれた展覧会ね。うん。モネに限らず日本人らしい集め方をした展覧会でしたね。スーラにしてもセザンヌにしてもなんか代表的なシリーズを集めた感がある。企業系美術館ってそんな感じだよね。(やたら印象派多いし)外国でもそうなのかなぁ?今回一番好きだったのは、クロード・モネ『セーヌ河の日没、冬』。図録ではそうでもないんだけど、実物の夕日の眩しいこと夕方に西の空を見上げた時の「うっ!」と目をしばたいてしまう程の眩しさがよく表現されてます。「あ~、そうそう。こんな感じだよね。わかるわかる。」って感じで。よくあんなに眩しく描けるよね。変なところで感動・・・。

それにしても、日本人って本当に印象派好きだよなぁ・・・。祝日ってのもあって凄い人でした。日本で展覧会をした時最も集客力があるのは印象派展なんだよね、確か?ここ数年各地の美術館がこぞって印象派展を開催するのはそのせいもあるとか。確かにとっつき易いし、ぼんやりと綺麗だなとか解かるものね。焼き物とか仏像とか塗物ってやっぱりある程度の知識がないと観てもその凄さとか感動もできないだろうし。難しいよね。勉強しないとわかんない。私もまだまだ修行が足りないっす。頑張ろう

さてさて、展覧会終了。駅だし、帰りにうちのチャリコ(自転車)を迎えにいこう。(Mに貸していた)Mに連絡したらコールなしで留守電に接続。彼女の家は非常に電波環境が悪くてすぐに留守電に繋がるのが常なので(外にいる時はコールされる)いると踏んで伊勢丹地下アンテノールでケーキを購入して訪問。すると・・・。ドアを開けて開口一番「携帯貸して!」なんなのさ?!しかももう1人の友人Aまでいて、2人共必死。わけを聞くと笑える話し。(本人たちは笑えないだろうけどね)昨日飲みに行ってAは携帯を紛失。Mは長年使ってきた携帯が、メモリーは残ってるもののメールも電話も不通。(送受信共に)要は2人が2人して携帯が使用不可。その後、Aの携帯は飲んだ店で発見され、Mは諦めて新しいのを買いに行きました。連絡が取れなくなるということで、私も三条までお供してきました。今時の携帯っていろんな形があるんだね。見てて楽しかったですお2人に忠告。記憶がなくなるまで飲まないこと!お酒は味がわかるところまでにするべし!男性は道端で酔いつぶれてもいいけれど、女の子は駄目です。みっともないし、危険です。お互いいい年なんだから、自分の限界8分目で止めましょう。だってね、もったいないでしょう?翌日以降その日飲んだお酒の味とか、香りとか、色とか忘れるの。料理も同じだけど、いいお酒に対して失礼です。出してくれた人にもね。気をつけましょう。

あ、今日展覧会行く前にお寺さんに寄ってお参りしてきました。お彼岸だしと思って。事情があって祖母はいつ無縁仏になってもいいように東本願寺にお骨をお願いしています。だからお墓がない。集合仏ですね。その祖母のお参りに行ってきたのです。参るのは私くらいのものだし、私くらいは行ってあげないとね。さすがにこの時期は人が多い!阿弥陀堂は満員御礼状態。いつもは修学旅行生が広い畳でごろ寝して警備員に注意されるような感じなのに。御影堂が改修工事中なせいもあるんだろうな。恙無くお参りをして、外に出ると、今頃気づいたお焼香台があったんです。お布施を置いてお焼香してきました。そんな私たちを不思議そうに見ている外国人が印象的でした。外国の方にはどんな風に映っていたのか気になるところ。有料で砂(遠くから見たらそう見えると思う)掴んで何やってるんだ?って感じでしょうか?日本の不思議な文化なんだろうな。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。