So-net無料ブログ作成

北野へ梅見♪ [風流・・・?]

昼間は暇ということで北野天満宮までデートしてきました。梅見です。私は大体毎年見に行ってるんですが、北野天満宮の梅苑はなかなか綺麗ですよ。御堀跡までずーっと梅が植わっていて全部歩けばいい運動になります。入園料を取るのが難点ですが、中では老松の菓子と梅茶がいただけます。でも今年は咲くのが遅かったせいか天満宮内もまだまだ見ごろで梅苑まで入らずに天満宮内の休憩所で梅見。

まずはお参りをして休憩。それからのんびり梅見。今月いっぱいで梅苑が終わるということで結構人も多かったです。やっぱりいいよね。桜もいいけど、梅も好き。どっちかというと梅の方が好きなくらい。地味に人を惹きつける感じでしょうか。桜と違って儚さはない。かといって美しさを強く主張しているわけでもない。豊かな香りで人を惹きつける真の美しさと艶やかさを隠し持った花って感じがします。理解してくれる人にだけその魅力が伝わればいいと言わんばかりの地味さ。(花も香りも艶やかなのになぜか地味なイメージを備えもってませんか?)好きです。そんな女性に私はなりたい。(宮沢賢治風に)

北野天満宮と言えば菅原道真。先日のブログでも載せた「こちふかば・・・」の方です。う~ん、梅と言えばその香りが魅力の1つだということがこの和歌からもわかります。平安時代の香合わせなんか梅って代表格だしね。確か『源氏物語』でも紫の上が使ってたと思う。ところで、菅公といえば学問の神様ですよね。北野天満宮も福岡の大宰府天満宮も受験シーズンは結構な賑わいを見せます。でもね、思うんですよ。菅公って確かに勉強はできたかも知れないけど、知恵者ではなかったんじゃないかと。少なくとも世渡り上手ではない。本当に頭のいい人は右大臣にまでなっておいて左遷されたりしないでしょう?かといって勉強ばかりの人ではない。残された和歌とか見てるとなかなか風流人だったようだし。だから不遇の死を遂げたんだとも思う。学問ができればいいやって人なら大宰府の方が大陸の学問とかいっぱいできるはずで、悩まずぽーんっと大宰府行っただろうし。(その前に遣唐使で大陸入りしてるか)世渡り下手なくせして上昇志向はあった人間臭い人だったのではないかと思う。この人に対して勉強はともかく知恵をつけてもらうというのは無茶な話しのような・・・。でも北野天満宮には水牛がいっぱい。(水牛は知恵を司る動物)なんか間違ってるような気がする今日この頃でした。

忘れてた。デートね。おかげで楽チンでした自分で行く時って絶対自転車なんだけど、ちょっと距離あるから大変なんだよね。でも、今回は彼の愛車(自転車。大分古い。いい加減買い換え時。)の後ろに乗っけてもらえたので楽チン♪微妙な坂道を頑張ってくれてありがとうでも。帰りがいただけない。京都の街で迷うか?なんと、北野から南東に帰らなければならないのに、ひたすら北上してました。私も始めは気づかなかった。なんせ方向音痴だから。気づいたのは彼の微妙な坂道がしんどいというその一言。だって北野から南東に向かうのであれば微妙な下りはあるけど上りはありえないはず。そこで後ろを振り返るもこっちも微妙に蛇行していて山があるのかないのか解からない。(京都は南にだけ山がない)で、恐る恐る「あのさ、北に向かっている気がするんだけど?」と訊いてみた。(方向音痴だから自信がない)「千本(千本通り)を走ってるんだからそんなはずはない」との返答。そうなのかなぁ?と思いながらもやっぱり違和感があって周りをきょろきょろしてると左側に千本釈迦堂が見えるではないですか!千本釈迦堂は去年北野天満宮に行く前に立ち寄った場所だったので憶えてたんだけど、それが左に見えるということはやっぱり北上しているということ。(北野天満宮よりは確かに東だけどね)「違う!やっぱり北上してるって!」という私の主張は間も無く車道に掲げられたまっすぐ行って左で『金閣寺』という標識で裏付けられた。ほら、北上してたやんか!あとでよく考えたら、彼の千本を走っているのだからという主張自体おかしい。だって千本通りって南北に走る通りやん?!南か北どっちかに走ってるってことで、正面にはしっかり山見えてたわけだからやっぱり北上。私に道を指摘されているようではまだまだですね。

その後暫く北上を続け気づけば北山通りまで。憧れの閑静住宅街・北山。名だたる菓子屋が軒を連ねる北山。その北山通りの進々堂の2階でちょっと遅めのランチ。パンはともかく料理はいまいち・・・。パンといえば、北ってなんであんなにパン屋さんが多いの?いい匂いするもんだから昼食がパンになったんですが?進々堂の隣にはマールブランシュがありました。こんなところにあったんだね。休日のせいか人がいっぱい。さすがです。あと、SECOND HOUSEも発見。出町ふたばも通りましたが、凄い人。ならんでまで豆大福はいらない・・・。ふたばはわらびもちなら食べたことあります。普通においしいです。でもわらびもちってとりたてて感動する食べ物ではない気がするんですが、私だけですか?かたさとかきなこ・黒蜜等のかけものに差があるだけで工夫のしようがない食べ物じゃない?でもまぁ、その特徴のないところがわらびもちの魅力でもあるのかも。真夏に凝った物は食べたくないもんね。

そういえば、朝掃除していたら失くして必死で探したコンタクト発見しました。ベッドの下にありました。どうりで洗面所で見つからないはずだ・・・。コンタクトって軽くて薄いから摩訶不思議なところから見つかるケースが多いしあまり驚きは無かったです。春の小掃除で、ベッドもたたんで床の雑巾がけしてました。掃除は気持ちいいね空気が軽くなった気がします。そんでもってコタツも片付けました。コタツ布団は曇ってて干せなかったのでまだ床に転がってますが、部屋が大分広くなった布団のシーツも新しいのにして、冬とさようならです!気分はすっかり春モードでもまだちょっと寒め・・・?


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。