So-net無料ブログ作成

文楽観てきました [観る]

久々の文楽♪
チケット割引(1部ごと2,700円)だし、たまには前の方の席で観るのもいいかもって第2部と第3部の千秋楽チケットをおさえてました。でもね・・・、朝起きたら暑かったのよ。ちょっと行くのやめようかと思ったくらい暑かったのよ。でもチケット取ったし、しんどくなったら帰ってこようと思って意を決して出かけることにしました。
2部の演目は観たことある「鎌倉三代記」と「釣女」。
「鎌倉三代記」はさ、時姫がめっちゃ可愛いの。大好きな人の実家に「嫁です」ってその人の留守中(しかも相手はそのことを知らない)に勝手に居座って、病の姑の面倒を看てるんだけど、なんせお姫様。生まれてこの方家事なんてやったことないもんだから、米もとげなければ、井戸の水も汲めない。お遣いだってとってもゆったり(もう日が暮れる勢いで遅い)。でも気持ちだけはあって、連れ戻しに来た局たちが「姫にそんなことさせられません!私たちに命じてください!」(彼女たちも大概家事とは無縁の様子なんだけど)という言葉にも「姑への疎略になる」と自分で頑張っちゃう。しかも「嫁に行った先を家と思って仕えなさいってお父さんが言ったじゃない」とお迎えを追い返す始末。でも、彼女が勝手に輿入れしたのは、そのお父さん(時政)と戦中の人の家来。
戦局はいよいよ時政方の勝利が見えてきたって時に時姫の想い人(三浦之助)が一時帰宅。「なぜここに?!」と問われて彼女は当然のように「だんなの留守に姑の世話をするのは当たり前でしょう?」と。でも彼は時姫の言葉を信じてない。時政の計略と疑っているし、たとえそうじゃなくても時姫がなんだかんだ言っても父を裏切れないと思ってる。父と夫のどちらにつくか真剣に思い悩む時姫。彼女のなにがかわいそうって、時政は娘を連れ戻しても殺そうと思ってるし、三浦之助は夫につくと心を決めた彼女に時政の暗殺を約束させるところ。その上、姑も時政が油断するだろうと、時姫が持っていた槍で自らの腹を刺してしまうし。なんていうか、どうせ負ける戦なんだから、誰か1人くらい時姫が幸せになる道を探してやろうとか思わないわけ?って現代の価値観だったらそう思うわけなんですが、そうもいかないよね。
第3部は「契情倭荘子」と「伊勢音頭恋寝刀」。「伊勢音頭恋寝刀」は7月に産経新聞のコラム(「文楽を歩く」シリーズで12回)でも紹介されていたので是非観たかったんだけど、やっぱり力尽きて途中で帰っちゃいました。さすがにね、14時開始で終わりまで観たら20時半。分けて観たらよかったと後悔。
そうそう、今回たまにはいい席でって張り切って前のほうの席(第2部:4列目真ん中。第3部:6列目真ん中)を確保したんだけど、私としてはあまりおススメできない席でした。4列目は義太夫さん1人・三味線1人だったら完全に彼らよりも前に座ることになるから彼らを見ることができない。ちょっと寂しいかな。で、まあ内容知ってるし、ある程度耳も慣れてるからいいんだけど、字幕が見えない。初心者には絶対おススメできない席だと思います。6列目でぎりぎり義太夫さんと並ぶって感じかな。文楽劇場は最大19列しかないんだし、後ろのほうで観ることをおススメします。18・19列は2等席で安いしね。


袖触れ合うも多少の縁 [観る]

というわけで前夜はまさかの関空お泊りと相成ったわけですが、この日の朝、個人旅行者だけ空いてる席に乗っけてもらえることに。しかも朝の9時25分発。しかもしかも“LUFTHANSA”(当初乗る予定だったカタール航空と同じスターアライアンスなので振り替えてもらえたみたいです)の“BUSINESS クラス”!!!関空お泊りなんぼでもしちゃいますよ♪その上、ちゃんと到着予定日中に到着できるらしい。意気揚々と飛行機に乗り込み、ビジネスクラスを満喫する私。スチュワーデスさん呼び出しボタン以外の全てのボタンを押して遊んでしまいました。うってかわって、マッソコは緊張して全く遊ばなかったみたい。テレビの直し方がわからなくてスチュワーデスさん呼んだだけだって。(2人で全てのボタンを押してることに?!)こんなところで性格の差が表れるとは・・・。だって滅多に乗れないじゃない、ビジネスクラス。遊ばないと損でしょう?リクライニングが多種多様に動いて面白いの。自分が一番寝易い角度をシートに覚えさせておくこともできるし(まっすぐ寝ることも可能なの)、マッサージ機能ついてるし(一番押したボタン)。飲み物の種類も多かったと思う。あぁ、でも1つ言わせてもらえば、スチュワーデスさんは東洋系の方が美人だ。大韓航空のスチュワーデスさんなんかふらふらっと後ろくっついて行っちゃいそうなくらい美人だし。(制服もかっこいい。何、あの神経が通ったようなリボンは?)やっぱり旅のお供は美人でなきゃね☆(←言ってることがオヤジ)

で、LUFTHANSAなので留まる予定のなかったドイツへ。(カタール航空だったら中継点はドーハだった)乗り換えまで暇だったので売店でテレホンカードを買って国際電話。父にこの珍事を報告。(このおかしさを誰かに伝えたかったんです)そうこうしている内に乗り換えの手続きが開始。同じく関空で遭難した4人と待っている間に記念写真♪「関空遭難記念に一緒に撮りませんか?」という私の馬鹿な誘いに乗ってくれた優しい皆さん。ありがとうm(_ _)m

乗り換えの飛行機はエコノミークラス(同じヨーロッパだから小さい飛行機でエコノミーしかなかった)で6人かたまって乗ってました。記念写真でちょっと打ち解けたのか飛行機の中でずっとお話ししてました。私たちと同じ個人旅行の女性1人(彼女とはまた出逢うことに・・・)、留学する学生2人(男の子と女の子)、イギリスに住んでる人(向こうの人と結婚して住んでるみたい)。途中まで1組のご夫婦(若い。人がよさそうな感じでした。)もいましたがどこかで別れてしまった模様。(このご夫婦とも後々また逢います。)

そんなこんなで無事イギリス着!・・・・・・続きはまた明日書きます。眠い・・・。


帰ってきた私 [観る]

というわけで帰ってきました。なんか色々あってようやくネット環境が安定しました。それもこれも大家さんがマンションに光を入れてくれたおかげ。ありがとう、大家さん!

さて、久しぶりのブログ。なんか色々書くことあるんだけど、とりあえず今日のことだけかいちゃえ。その内過去のこと書こうかと・・・。時間に余裕ができたらね。

今日のこと。今日はSちゃんと一緒に文楽へ。第6回文楽若手会の公演だったんです。若手会の公演は若手育成が目的なのでとても安価で観劇することができるのが嬉しいところ今回も文楽劇場での公演だったにもかかわらず、2000円。演目は「菅原伝授手習鑑」、「新版歌祭文」。菅原伝授は今更あんまり感想述べなくてもいいかという感じです。歌祭文は初めて観た演目だったんですが、作者は近松半二。「本朝廿四孝」と同じ作者です。彼の科白回しとか結構好きなので楽しみにしてたんです。なんというか・・・。時代のせいなんだけど、実際にあった心中事件を題材にしているなのに、ハッピーエンド・・・。仕方ないですが、不完全燃焼というか「あ、あれ?これで終わり?」みたいな感じでした。近松半二はやっぱり廿四孝がいいや。(あれはあれで中途半端な終わり方なんだけどね。)

若手会といってもこの世界の若手なので、結構皆さんそれなりの年齢。それに全員が全員若手なわけではないんだと思います。私が2番目くらいに好きな太夫さんも出演してました。豊竹始太夫さん。好きです。千歳太夫さんみたいに出たきただけで笑いはしませんが、なかなかいい太夫さんなんです。で、今回私が目をつけた太夫さんが1人。豊竹睦太夫さん。うまいです。冒頭部分で「あ、この人うまい」と思いました。おすすめです。

以上、あんまり書いてないけど、力つきました。


ポーラ美術館の印象派コレクション展 [観る]

ただ券もらっていたのに行けてなかった『ポーラ美術館の印象派コレクション展』(美術館「えき」KYOTOにて2006年3月3日~3月26日)観てきましたなかなか良かったです。ルノアールもモネも大好きです。モネの中で特に好きなのが『ラ・ジャポネーズ(La  Japonaise)(日本の衣装のカミーユ)』です。(所蔵館はボストン美術館なので今回は当然展示されていません。)あのジャポニズム精神の塊!(南蛮被れならぬ日本被れ)みたいな絵が好きです。日本人にあんな絵は絶対描けませんよ?センスがね、違います。あそこまで被れているといっそ気持ちいい。

あれ?展覧会の感想・・・。モネと言えば『睡蓮』の連作。今回もきっちりその辺は押さえてます。日本人らしいモネの集め方だなと思いました。『睡蓮』しても『散歩』(今回も展示されてました)にしても日本人のモネの絵のイメージってちょっとぼんやりとした感じで人の表情や細部をあまり描かないイメージなんじゃないかなと。でも上に挙げた『ラ・ジャポネーズ』とか結構はっきりくっきり描いたものもあるんだよね。日本人の趣味ではないのかなぁ???あんまり観ないような気がするんですが?『ラ・ジャポネーズ』はボストン美術館のHPにも掲載されているので是非一度ご覧下さい。モネのイメージが変わると思います。いいですよ?日本被れ具合が

あ・・・またずれた展覧会ね。うん。モネに限らず日本人らしい集め方をした展覧会でしたね。スーラにしてもセザンヌにしてもなんか代表的なシリーズを集めた感がある。企業系美術館ってそんな感じだよね。(やたら印象派多いし)外国でもそうなのかなぁ?今回一番好きだったのは、クロード・モネ『セーヌ河の日没、冬』。図録ではそうでもないんだけど、実物の夕日の眩しいこと夕方に西の空を見上げた時の「うっ!」と目をしばたいてしまう程の眩しさがよく表現されてます。「あ~、そうそう。こんな感じだよね。わかるわかる。」って感じで。よくあんなに眩しく描けるよね。変なところで感動・・・。

それにしても、日本人って本当に印象派好きだよなぁ・・・。祝日ってのもあって凄い人でした。日本で展覧会をした時最も集客力があるのは印象派展なんだよね、確か?ここ数年各地の美術館がこぞって印象派展を開催するのはそのせいもあるとか。確かにとっつき易いし、ぼんやりと綺麗だなとか解かるものね。焼き物とか仏像とか塗物ってやっぱりある程度の知識がないと観てもその凄さとか感動もできないだろうし。難しいよね。勉強しないとわかんない。私もまだまだ修行が足りないっす。頑張ろう

さてさて、展覧会終了。駅だし、帰りにうちのチャリコ(自転車)を迎えにいこう。(Mに貸していた)Mに連絡したらコールなしで留守電に接続。彼女の家は非常に電波環境が悪くてすぐに留守電に繋がるのが常なので(外にいる時はコールされる)いると踏んで伊勢丹地下アンテノールでケーキを購入して訪問。すると・・・。ドアを開けて開口一番「携帯貸して!」なんなのさ?!しかももう1人の友人Aまでいて、2人共必死。わけを聞くと笑える話し。(本人たちは笑えないだろうけどね)昨日飲みに行ってAは携帯を紛失。Mは長年使ってきた携帯が、メモリーは残ってるもののメールも電話も不通。(送受信共に)要は2人が2人して携帯が使用不可。その後、Aの携帯は飲んだ店で発見され、Mは諦めて新しいのを買いに行きました。連絡が取れなくなるということで、私も三条までお供してきました。今時の携帯っていろんな形があるんだね。見てて楽しかったですお2人に忠告。記憶がなくなるまで飲まないこと!お酒は味がわかるところまでにするべし!男性は道端で酔いつぶれてもいいけれど、女の子は駄目です。みっともないし、危険です。お互いいい年なんだから、自分の限界8分目で止めましょう。だってね、もったいないでしょう?翌日以降その日飲んだお酒の味とか、香りとか、色とか忘れるの。料理も同じだけど、いいお酒に対して失礼です。出してくれた人にもね。気をつけましょう。

あ、今日展覧会行く前にお寺さんに寄ってお参りしてきました。お彼岸だしと思って。事情があって祖母はいつ無縁仏になってもいいように東本願寺にお骨をお願いしています。だからお墓がない。集合仏ですね。その祖母のお参りに行ってきたのです。参るのは私くらいのものだし、私くらいは行ってあげないとね。さすがにこの時期は人が多い!阿弥陀堂は満員御礼状態。いつもは修学旅行生が広い畳でごろ寝して警備員に注意されるような感じなのに。御影堂が改修工事中なせいもあるんだろうな。恙無くお参りをして、外に出ると、今頃気づいたお焼香台があったんです。お布施を置いてお焼香してきました。そんな私たちを不思議そうに見ている外国人が印象的でした。外国の方にはどんな風に映っていたのか気になるところ。有料で砂(遠くから見たらそう見えると思う)掴んで何やってるんだ?って感じでしょうか?日本の不思議な文化なんだろうな。


日本画展 [観る]

今朝、出かける準備をしながら朝ごはんのホットケーキを焼いていたら、両面焦げた。片面焦げた時点では「まだこっち側食べなきゃいいや」くらい思っていたのだけど、化粧している間にもう片面も焦げていた。駄目っぽい朝の始まり。早々にゴミ箱にポイして近所の喫茶店へ。ちょうどおいしいコーヒーが飲みたかったからいいんだと自分に言い聞かせていたりして。

今日の夕方はさっさと仕事を切り上げて三条ギャラリーへ。只今『窪田 勝 日本画展』開催中。絵は全部で8点。とにかく狭い。真ん中に立ってくるりと360度回転したら全ての絵が見れる。たまたま手にした案内はがきに掲載されていた絵がとても素敵で始まったら是非行こうと思っていたのでうきうきと自転車をとばして♪ご本人がいらっしゃったのでちょっとお話しさせていただきました。ちなみに全然知らない方です。ほぼ初対面。1度お会いしているけれど、絶対憶えていらっしゃらないことでしょう。絵の方だけど、テーマは共通して夜の風景。あといずれの絵にも木が描かれているのが印象的。日本画展となっているけれど日本画の枠に納まるものなのかちょっと疑問。(そういう枠に納まらないインパクトがある)はがきに載った絵は実物の方が数段いい!ご本人曰く「はがきのものは製作途中だったから白いでしょう?」ということだったのだけど、確かに深みが断違い!とても気に入りました。会期は12日(日)までなのでもう1回くらいは行きたいかも。ちなみに無料。割とご本人いらっしゃるみたいなので今度は是非差し入れなんぞしてみようかと。ああ、それにしてもいい絵だった

明日は飲みに行きます。あの店、久しぶりじゃない?できるだけ早く仕事切り上げるから!


棚と私とユトリロと [観る]

さて、この日の記憶が蘇ったので書いておこう。

この日は新PCの購入が本決まりして迎えた初めての週末。PCのリサーチのため寺町へ。こうして見ると寺町も随分寂れたものです。電気街の面影があまりない。そのため難なくリサーチ終了。その後、新PCを置く用の棚増設(あと30cm程奥行を確保したかった)のため材料を買いにホームセンターへ。

向かう前に高島屋でお金を下ろしに・・・。行っただけだったのに、ついでに同じフロアでやっていた「モーリス・ユトリロ展」へふらり。約80点のユトリロ作品を集めた展覧会。ユトリロって生来心を病んでいた人って感じです。絵を見ているだけでこっちが取り込まれそうな程病んでる。それは「白の時代」だろうと「色彩の時代」だろうと一貫したものがある。何がそう感じさせるのか。考えてみるとこの人の絵には同じ空気が流れている気がする。特に空はこちらまで陰鬱になりそうだ。ユトリロは1点づつ見るのはいいかもしれないが、80点も見ていたらどうかなりそうな画家だというのが私の感想。あと、長時間見ることはお奨めできません。でも図録(2000円)は買ってしまいました。あまりにも装丁が立派だったからついね。そしてこの日ついに図録を入れるための本棚がパンクしました。(ユトリロ展の図録が入りません・・・)

さて、気を取り直して二条川端『ニック』へGO!!!チャリ(名前はチャリコ。以下チャリコ。)で。京都市内は驚く程ホームセンターが少ない。お寺とか町屋とか古い建物保存のため土地が高いせいだと思うんだけど、本当に少ない。京都市内東半分では(伏見区とかは知りません)この二条川端『ニック』くらいじゃないか?で、ニック。ホームセンターは楽しいね。用もないのにうろうろ。買いもしないのに金魚見て。ようやく1階最奥の板コーナー(多分そんなコーナー名じゃないと思う。)は。持参していた図面(フリーハンド。性格表れまくりの雑なやつ。)とメジャーと鉛筆(今でもシャーペンより鉛筆を使う。)を持ってでっかいカート(私が2個くらい入りそうにでかい。時々制御不能に・・・。)を押して板と睨めっこ。ついでにテレビ台がちょっと撓んできていたので補強のための板も一緒に購入。あと、ペンキ(元の棚の色に合う色を探すのに一苦労。)と刷毛と接続金具。金具は板が折りたためるようのものを。そして極め付けが、電動ドライバー(980円)。しょっちゅう棚とか組み立ててるし安かったのでご購入。家庭用のちっちゃいやつです。それらをのっけてチャリコで帰宅。結局ニックに1.5時間くらいいたことに・・・。そして夜(夜にやるのは多分間違ってると思う。)からLET'S ペンキ塗り♪寒いのにベランダで楽しげにペンキ塗りする私。出来上がりはいつだ?!


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。