So-net無料ブログ作成
大変だったので ブログトップ
- | 次の10件

朝っぱらから・・・ [大変だったので]

朝から指を少し削いでしまいました。朝ごはんのサラダを作ろうと思ってキャベツを千切りしていたら左手中指第一関節をざくりと。今更包丁使っていて怪我もないだろうからのりのりでキャベツ切ってたのがいけなかったんだよね・・・。ざくりとね。まずいと思った時には遅かった。しかもこまめに研いでいるのでまたよく切れるんです。もう後少し切っていれば本体(私)とは別の存在になるところでした。(危ない危ない)

切れて最初に思ったこと。「キャベツが血まみれになる!」違うだろ、私!(血まみれキャベツは食べたくなかったんですよね。)

とりあえず絆創膏張ってみたんですけど、あっという間に血でぐしょぐしょ。「あ~あ・・・」と思っただけで張り替えて出勤。(痛みなかったし、緊迫感ゼロ)出勤して最初にしたことは傷の消毒と消毒液をもらいに行くことでした。

包丁を使う時は気をつけましょう。ちなみに1月30日現在、傷の下の血が固まってしまったらしく消毒しても水で洗っても三ヶ月形のちのかたまりが皮の下にあります。このまま傷がくっついたら結構笑える事態になりそうです。


大変だ・・・ [大変だったので]

今日は学生時代のバイト先で知り合った人とお食事でした。彼女は中国人で留学中にできちゃってそのまま結婚して日本にいついてます。旦那は年下。子どもよりも手が掛かる、本当に何もできない人らしく、聞いてるとかわいそうになってくる程。でもあまりかわいそうだとはっきり言えないのは、彼女が物凄く強い人だから。完全に旦那を手玉に取ってるって感じです。女はこうやって強くなるんだろうなと妙に感心した日でした。彼氏はともかく旦那にする人はちゃんと選ばなきゃ駄目だね。とりあえず、10日くらい放っておいても1人で生きていける人。(ある程度家事ができるってことね)別に私がやりたくないとかそんなことではなくて(基本的に家のことするの好きだし)、相手が毎日やっていることがどれだけ大変なことなのかを理解できない人とは一緒に生活できない。逆もしかりで、旦那になる人と同じ職場にいたとかって結構重要だと思います。お互いがお互いの生活の努力を認め合えないと結婚って長続きしない気がするんですが?(結婚したことないから解らないけど)

本日の格言;旦那にするなら、年上に限る。(できれば10くらい上でお願いします)


なぜか・・・ [大変だったので]

せっかくたくさん書いたのに、フリーズ(しかもインターネットだけ)してくれて、全て消え去ってしまいました。潔く諦めてはみたものの、やる気は完全にそがれました。また明日頑張って書きます。

日記らしいことちょっと。今日も1日忙しかったです。でも帰ってからちゃんと走ったので偉いと思いました。ちなみに体重測定は予定通り、減ってました。


そんなところで・・・ [大変だったので]

本日、無事面接終了!!!(わーい)面接官皆知ってる顔だとは言え、めちゃめちゃ緊張しました。それなりに頑張ってきました。私の順番がお昼直前だったので、きっと面接官の方々もさぞやお疲れだろう、きっとおなかも空いていることだろうと思って(実際すごくお疲れの様子でした)、疲れにはやはり笑いだろうと思い、笑いをとってみることにしました。(面接を投げていたわけではない決してないですのであしからず)そういう場で笑いをとろうという私の勇気を評価して欲しい。緊張し過ぎで何言ってるのか解らなくなることもしばしばでしたが、きっちり笑いはとってきました。以下、会話。

面接官:「12月5日に許可おりましたよね。あなたはその時どう感じましたか?」(春からずっと携わってきた仕事がようやく実を結んだことについてちょっと省略しつつ)

さくら:「凄く嬉しかったです。先日新聞にも掲載されていましたが、喜びの余りそれらを全てスクラップコピーして保管しました。それだけではなく、提出した書類のファイルが我が子のように愛しくて・・・あ、子どもはおりませんが、自宅に持ち帰って棚に飾りたいくらい嬉しかったです。」

ここで面接官にやたらうけてしまって。もっとウイットに富んだしゃべりで笑いを取りたかったのに・・・。なんでここで笑いをとるかな・・・。いいんだけどね・・・。私も緊張して何言ってるのか解らない状態でひたすらしゃべってたし。(誇張でもなんでもなく、本当にひたすら喋ってた。いつ止まるの?くらいの勢いで。)

当初の目標通り笑いをとれたので悔いはありません。あとは野となれ山となれです。でも、受かるといいなぁ・・・。


色々とね・・・(汗) [大変だったので]

本当に大変だったのです。なんせ夜10時過ぎに京都駅で待ち合わせていた友人が、待ち合わせに来る途中で事故に合っちゃって。割と近い場所だったので、急行し、彼女の母君(なぜか私が友人の代わりに迎えに行っていた)とこれまた何故か救急車に乗り込み、病院へ。初救急車でした幸い怪我は打ち身程度の軽いものだったのですが、なんだかんだと遅くなり、帰宅してみれば12時近く。翌日朝から大阪に行く予定があったので、早々に寝てしまい、ブログ書いている場合ではありませんでした。

皆さん、交差点では気をつけましょう。安全運転。安全確認。特に今の時期の京都は人も車も多くて、運転者も歩行者もいらちになりがちです。折角綺麗な紅葉で目の保養をする(した)のなら、一緒に心も広く、豊かな気持ちで旅して下さい。京都在住者の切なる願いです。


- | 次の10件 大変だったので ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。